最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

基準

緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首凝り、張りが要因の最も多いタイプの頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「頭が重たいような頭痛」と表現されています。
万が一婦人科の検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも足りずPOFだと分かったら、少ない女性ホルモンを補充してあげる処置で治すことができます。
杉花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、幼いお子さんが体温は平常なのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻みずが出続ける状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があるかもしれません。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンをあてたりすると感じることのできるらしい「他覚的耳鳴り」があるのです。
「とにかく忙しい」「わずらわしいいろんなお付き合いが嫌で仕方がない」「技術やインフォメーションのハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けやすい因子はみんな違います。
目と目を合わせることで、患者がセラピーキャットをとても愛おしく感じた時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレス軽減や癒しに結びついているのです。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの制御、様々な器官の覚醒などをコントロールしており、気分障害(鬱病)に罹患している人はその機能が鈍化していることが分かっているのだ。
花粉症の緒症状(水っぱな、鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜よく眠れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの仕事内容にダメージを及ぼすこともあるのです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質について、肝臓に存在する解毒酵素の順調な創造活動を支えているのではないかという新たな事実関係が明らかになりました。
黴菌やウィルスなどの病気を連れてくる微生物(病原体)が呼吸とともに肺の中へ忍び入り伝染してしまい、肺全体が炎症反応を呈示している状況を「肺炎」と呼んでいるのです。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような悪質な物質を体の中で無毒化し、肝臓の役割を促すような力が認められているのです。
真正細菌の結核菌は、菌を持っている人が咳き込むことによって空中に撒かれ、空中でフワフワ浮遊しているのを他人が呼吸の際に吸い込むことで次々に感染していくのです。
70代以上の高齢者や病を患っている方などは、ことさら肺炎に罹患しやすく治るのが遅いというデータがあるので、予防する意識や迅速な治療が肝要なのです。
脂溶性のビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを促す性能で有名であり、血中のカルシウムの濃度を調整して、筋肉の活動を微調整したり、骨を生成します。
学校や幼稚園などの大規模な団体生活をする際に、花粉症の症状の為にクラスの友達と一緒に元気に身体を動かせないのは、当事者にとっても寂しいことです。

Comments are closed.