最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

それでもなお。

近年ではネットを中心にして『リア充』という概念が生み出されたが、

10~20代の学生時代にはリア充であるかどうかによって人生の主観的な幸福感や楽しさが左右されるという人も多いようである。 隣の芝生は青いとか承認欲求の自己顕示というものにも近いが、リア充というのは『自分自身』について語られることよりも、『自分以外の恵まれてい るように見える他者』について語られる時に頻出するキーワードであり、『私こそがリア充である』という自己言及がで
きる人は滅多にいない。
リア充であるかどうかと勉強ができるか成績が良いかというのは一般的には殆ど相関しないと考えられている。むしろ一人でコツコツ勉強をしたり本を 読んだりして『内面・知識・将来性の充実』を図っているよりも、余り小難しい理屈や思考・人生のプロセスなどは考えずに、仲間や異性と集まってワイワイ騒 いだり、恋愛や性、生活を楽しんだりする人(端的には異性や仲間に好かれやすくて外向的にアクティブである人)がリア充に見えるというのが世間一般の感覚 である。

Comments are closed.