最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

実際のカップル

精神的損害に対する慰謝料請求をする時期については不倫が間違いないことを確認したという状況のときや離婚することを決めた際のみではないのです。

実際のカップルで、決定したはずの慰謝料が離婚後は支払ってもらえないという話もあるわけです。
わずかでも速やかに慰謝料請求を終わらせて、依頼があった方が持つ不満に一応の区切りをつけてあげることが、不倫問題の被害者サイドの弁護士が必ずこなすべき役目ではないでしょうか。

「携帯電話を調べて浮気の決定的証拠を見つけ出す」このような方法は、多くの方が行っている手法なんです。スマートフォンとか携帯電話っていうのは、毎日の生活で最も使用頻度が高いツールなので、浮気を裏付ける情報や証拠が残ってしまうことがあるわけです。

結局、渡す慰謝料っていうのは、相手側と駆け引きしながら徐々に具体的になることがほとんどなので、費用をよく調べて、お任せできる弁護士を訪問するなんてことをお考えいただくのも賢い選択です。

離婚条件などの裁判で認められる間違いなく浮気していたという証拠としては、Eメールを送受信した履歴とかGPSによる行先の履歴それぞれだけでは弱く、デート中の写真または動画がベストです。専門の調査員がいる興信所に依頼して入手するのがいいと思います。

Comments are closed.