最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

やる気を刺激する授業

すると翌日彼女は僕のところに来て「先生の授業を参観させてください」 と切り口上に言った。
「どうぞ、いつでも…」と答えて僕は見せてあげました。

言っちゃ悪いが、 僕は教師になって以来、指導案の「し」も書いたことはない。 いつもその日その日のクラスの雰囲気、キャッシング 審査甘い生徒の顔色を見ながら 授業を進めるからです。 僕のクラスはうるさい。
うるさいのはいいことです。 生徒のやる気を刺激する授業というのはいつでもうるさいものだから。 その日も生徒全員が手を挙げて答えを言いたがる。
素晴らしいと判断した答え、それから素晴らしい質問には、 「はい、今のは平常点1点ね」と教務手帳に記録をとる。
それが判ってるからみんなが我先にと答えを発表しようとする。 時には収拾がつかなくなることもあります。 面白い質問が出ても僕は正解をすぐには答えない。 それを教室のみんなに振るのです。 「おい、今の○○クンの質問聞いたか? メチャ深い質問やで、これに納得できる説明する人1点」と振ります。

Comments are closed.