最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

あきんど

方言、特に女性の繰り出すそれは大好物ですし、男性のそれにも抵抗はないどころか好ましく思っているのですが、栃木県北部の男性の訛りだけは許せないものがあります。

おいらは中学3年生になる春に横浜から栃木の北部、おいらが北関東ではなく南東北と呼ばれる地域に転校したんです。横浜のど真ん中から田園地帯への引っ越しで、かなりのカルチャーショックを受けたのですが、土地の人の話す訛りも強烈に印象に残りました。

おいらが思うのは、栃木の北の方の人の言葉って、「背を伸ばすサプリ方言」ではなく「訛り」なのです。例えば
「私は大阪の商人です」は「わては」「なにわの」「あきんど」「だす」と言葉自体が変わるを方言と呼ぶと、栃木の北の方は言葉は一緒だけれども、イントネーションが異なるのです。

まぁそれは良いんですけど、おいらは転校先で「標準語使うなんて生意気だ!」っていじめられたんです。「都会から来たからってスカシてんじゃねぇ!」と言われ、全校集会で通りすがりに後ろから殴られ、廊下ですれ違いざまに蹴られと散々でした。ゲームセンターの近くのトイレに連れ込まれて暴行されたこともあります。

Comments are closed.