最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

映画を観てしまった…

今時分の社長は翌々厳しい社会になってますから…違うかもしれませんが、
社長と言えども、人間… barのマダムと出来てたり、

昔から、日本人男性って…だらしがなく情けないと垣間見える映画を観てしまった…
『社長紳士録』… 1964年(S39年東宝) 松林宗恵監督 森繁久弥、小林桂樹、加東大介、 フランキー堺、三木のり平、司葉子、 池内淳子、久慈あさみ、草笛光子、 ハナ肇、中島そのみ、英百合子、 左卜全、河津清三郎、塩沢とき、 石田茂樹、高田稔、桐野洋雄、 浦山珠実、岡田可愛、藤村有弘… 森繁久弥の社長、何が紳士録だって言いたくなる様なインチキぶりで御座いました。
女房、久慈あさみがいながらに、小林桂樹の許嫁司葉子にちょっかい出し、池内淳子の芸者、草笛光子のbarのマダムと…あっちにこっちに~まるで、タイガーウッズみたいでした(笑)。
昔から、やってる事は多少なりとも変わらなかった~女を侍らすみたいな行為… 塩沢ときが、あの どてかぼちゃ…みたいな頭じゃなく、ただの年増芸者だった事には驚愕な物を感じました。割かし美人だったので。

Comments are closed.